旭川市住宅雪対策補助金を活用したリフォーム・工事の相談

旭川市には住宅の雪対策を行う場合に、その一部の費用が補助される制度があります。

令和3年度の内容だと一律で10万円が補助されますので、対象となるリフォーム・工事を検討中の場合は合わせてご検討いただくのがよいでしょう。

当社「安心大工」は旭川市住宅雪対策補助金申請をお考えの方が、公募開始後スムーズに申請を行い、補助金を活用して少しでも自己負担額を抑えて工事していただけるよう、申請のサポートも行わせていただきます。

ということで、旭川市住宅雪対策補助金について、概要を簡単にまとめてみました。

※本記事記載の内容は概要となります。詳細は旭川市公式HPでご確認ください。来年度同一内容の制度の公募がない場合もございますこと、あらかじめご了承ください。

旭川市公式HP「旭川市住宅雪対策補助金

補助金を申請できる人は?

対象住宅・対象者は以下の通りです。

  • 旭川市内にある住宅であること(賃貸住宅を含む)
  • 工事を行う住宅に申請者(工事の契約者)の住民登録があること、又は申請者が所有している住宅であること
  • 申請者が旭川市税を完納していること

※過去に本補助金を利用した場合や,今年度に本市の「住宅改修補助金」や「やさしさ住宅補助金」を利用する場合は対象になりません。 
※ 融雪施設設置工事の場合は,新築中又はこれから新築する住宅も対象です。
※ 空き家・別荘・公営住宅・高齢者施設等は対象外です。

どんなリフォーム・工事が対象?

① 融雪施設設置工事(融雪槽・融雪機やロードヒーティングなどの新設) 

② 雪対策のための住宅改修工事(無落雪屋根への改修や雪庇防止装置の新設など)

※ 対象工事費が税込30万円(法人は税抜)以上の工事から申込みできます。 
※ ② 雪対策のための住宅改修工事は,既存の一戸建住宅のみが対象です。
※ 本制度は,市内に営業所等がある施工業者と工事請負契約することが条件になります。 
※ 既に工事請負契約が済んでいる場合や,工事に着手・完了している場合は対象外になります。

補助金の額は?

10万円が補助されます。令和3年度は募集予算が第1期 2500万円、第2期 1500万円となっていますので、300件ほどの住宅が対象になる計算です。

申請受付期間?

第1期:令和 3年4月15日(木)~5月11日(火)  抽選:5月18日(火) 

第2期:令和 3年7月  1日(木)~7月14日(水)  抽選:7月20日(火)

例年4月に第1期の申請受付開始となります。ですから、申請を予定している方は年明けくらいから申請手続きの準備、工事業者探しをしておくのがよいでしょう。

旭川市住宅雪対策補助金の申請を検討中の方

安心大工では旭川市住宅雪対策補助金の対象となる以下の工事を承ります。

  1. 融雪槽・融雪機の新設 
  2. ロードヒーティングの新規敷設
  3. 無落雪屋根への改修
  4. 落雪しづらい屋根材への張替 
  5. 雪庇防止装置の新設 
  6. 雪よけ屋根の新設

こんな方はご相談ください。

  1. 工事を検討している方
  2. まだ迷っている方
  3. 対象になるかわからないけど検討段階の方

下記お問合せボタンより、安心大工にご相談ください。今年の募集は終わっていますが、令和4年度に公募開始になったときにスムーズに進めていけるよう早めに準備しておきましょう。

補助金を活用した事例

旭川市住宅雪対策補助金を使って融雪槽を設置した事例を公開中です。申請から設置までの期間はどれくらいだったか、費用はどれくらいだったか、などご覧いただけます。