融雪槽の維持費(電気・灯油・水道代)

融雪槽維持費用(電気代・灯油代・水道代)について、
融雪方式別(地下水・循環ボイラー・給湯ボイラー方式)に紹介します。

初期費用を抑えたい方、ランニングコストを抑えたい方、
融雪槽を選ぶ際の参考にしていただけますと幸いです。

年間維持費用の目安

地下水方式循環式ボイラー給湯ボイラー方式
約1,000円約17,000円約25,000円
電気代のみ電気・灯油代電気・灯油・水道代
ランニングコスト目安
参考資料:スノーマジックQ &A「Q8.維持費はいくらかかりますか?(ランニングコストは?)

地下水方式

地下水方式

地下水方式は設置時にボーリング工事が必要なため、初期費用は他の融雪方式と比べると高めですが、一度設置してしまえば維持費用は電気代のみとなります。ただし、地下水の出る地域に限定されます。

循環ボイラー方式

循環ボイラー

循環ボイラー方式は、一度溶かした雪をリサイクルして使う方式です。専用ボイラーの設置があるため、初期費用は給湯ボイラー方式と比べると割高ですが、その分、水道代を節約することができます。

給湯ボイラー方式

給湯ボイラー方式

給湯ボイラー方式は、家庭内の給湯ボイラーを使用することで初期費用を節約できます。ただし、電気代、灯油代、水道代と維持費用は一番高くなります。

地下水源の有無、ボーリング工事の金額、家庭内ボイラーが利用できるかなど、各ご家庭の状況により、融雪槽導入に必要な費用は異なります。実際の工事費用とランニングコストを考慮して、どの方式にするかを選びましょう。

融雪層商品ライナップ

問い合わせ

融雪槽の新規設置をご検討中の方は、下記「問い合わせ」または「電話」ボタンよりお問い合わせください。