旭川市やさしさ補助金を活用したリフォーム

旭川市には高齢者が自宅で安全に安心して暮らすことができる住まいづくりを考えて住宅のバリアフリー化工事を行う場合に、その費用の一部を補助する制度があります。

60歳以上の方でご自宅の改修を考えている方にはぜひご検討いただきたい制度となっておりますので、以下、概要をまとめていきます。

※本記事記載の内容は概要となります。詳細は旭川市公式HPでご確認ください。来年度同一内容の制度の公募がない場合もございますこと、あらかじめご了承ください。

対象住宅・対象者は?

  • 旭川市内にある住宅であること
  • 工事を行う住宅に60歳以上の申請者(工事の契約者)の住民登録があること
  • 申請者が旭川市税を完納していること
※ 平成23年度以降に本補助金を利用した場合や,今年度に本市の「住宅改修補助金」や「住宅雪対策補助金」を利用する場合は対象になりません。
※ 新築・空き家・別荘・公営住宅・高齢者施設等は対象外です。 その他詳細は Q&A を御確認ください。

対象工事

バリアフリー化工事(手すりの設置や段差の解消など)
※補助対象工事費が税込30万円以上の工事から申込みできます。

※ 本制度は,市内に営業所等がある施工業者と工事請負契約することが条件になります。
※ 既に工事請負契約が済んでいる場合や,工事に着手・完了している場合は対象外になります。
※ 申請者が次の①~③に該当する場合は,対象外となる場合があります。
 ① 要支援・要介護認定者 [担当:介護保険課]
 ② 重度身体障がい者(下肢又は体幹機能障害3級以上の方) [担当:障害福祉課]
 ③ 難病患者(対象疾患による障がいがある方) [担当:障害福祉課]

補助金額

10万円

受付期間

令 和3年7月1日 ( 木 ) ~ 7月14日( 水 )

例年、7月に募集開始するようですので6月中には施工業者との打ち合わせをして7月に申請手続きをできるよう準備されることをおすすめいたします。

相談・お問い合わせ

旭川市やさしさ補助金を活用したリフォームをお考えの方、下記「相談・お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。