リフォーム時期の目安【部位別まとめ】

リフォーム時期の目安【部位別まとめ】

リフォームをするべきか迷っている方、
住宅購入に際してリフォームを含めた長期的な資金計画を検討中の方に向けて、
リフォーム時期目安を建物の部位別に紹介します。

本記事の内容は、一般財団法人日本不動産研究所が平成25年11月に発表した「内外装・設
備の標準的な期待耐用年数の導出について(中間報告)」で公開されている、

①住宅メーカー等の推奨交換周期・リフォーム会社へのヒアリングに基づく標準的期待耐用年数目安(試案)
②過去に住宅のリフォームを行った人を対象とするWebア ンケートに基づく実態調査

という売り手側と買い手側の視点の調査結果の該当箇所をわかりやすくまとめたものになります。

リフォーム計画、住宅購入時の長期的な資金計画の参考としてご活用ください。


参考資料:「内外装・設備の標準的な期待耐用年数の導出について(中間報告)」一般財団法人日本不動産研究所 平成25年11月発表

※期待耐用年数・・・建築物の部位・部材又はシステムの性能低下に伴う安全性への低下、修繕費・運用費の増加、交換部品の不足、修繕不能等の問題を生じることなく、通常範囲内の維持管理により支障なくその機能を発揮すると期待できる部材やシステムの耐用年数である。部分的な修繕や部品の交換を繰り返して動く、ぎりぎりまで使うというような視点での物理的耐用年数とは異なる。

参考資料:「長寿化時代における建築物の耐用年数と価値評価に関する一考察」株式会社エムズラボ 橋本真一・株式会社リッチ評価研究所 若崎 周

屋根材

【屋根材】標準的期待耐用年数目安(試案)とリフォーム周期実態の比較

屋根材のグレードに応じて年数の違いが生じることから、A,B,C3つの仕様別の調査となっております。3仕様とも「住宅メーカー等の推奨交換周期・リフォーム会社へのヒアリングに基づく標準的期待耐用年数(試案)」よりも「リフォーム周期実態」の方が短いようです。

①標準的期待耐用年数(試案)②リフォーム周期実態①②の平均値
A仕様35〜50年15〜27年21.9年
B仕様30〜40年17〜29年23年
C仕様25〜35年12〜31年23.7年

【屋根材】標準的期待耐用年数(試案)とリフォーム周期実態の比較と平均値

外壁材

【外壁材】標準的期待耐用年数目安(試案)とリフォーム周期実態の比較

外壁材もグレードなどに応じて年数の違いが生じることから、3つの仕様別の調査となっています。こちらも、屋根材と同じく標準的期待耐用年数(試案)より、リフォーム周期実態が短いようです。

①標準的期待耐用年数(試案)②リフォーム周期実態①②の平均値
A仕様35〜45年11〜17年13.7年
B仕様30〜40年12〜30年21.6年
C仕様25〜35年12〜24年20.6年

【外壁材】標準的期待耐用年数目安(試案)とリフォーム周期実態の比較と平均値

内装(仕上材)

【仕上材】標準的期待耐用年数目安(試案)とリフォーム周期実態の比較

内部仕上材に関しては、屋根材・外壁材と異なり、フローリング以外は標準的期待耐用年数目安(試案)がリフォーム周期実態よりも短いようです。

①標準的期待耐用年数(試案)②リフォーム周期実態①②の平均値
フローリング30〜40年21〜33年27.9年
カーペット15〜25年17〜31年22.5年
クッションフロア15〜25年16〜31年22.7年
20〜30年16〜30年23.5年
クロス(壁)15〜25年18〜31年25.1年
クロス(天井)15〜25年21〜31年26.5年

【仕上材】標準的期待耐用年数(試案)とリフォーム周期実態の比較と平均値

内装(設備材)

【仕上材】標準的期待耐用年数目安(試案)とリフォーム周期実態の比較

内部設備材は、台所・浴室設備・洗面化粧台・トイレなどリフォーム需要の高い部位の標準的期待耐用年数目安(試案)とリフォーム周期実態と概ね一致しているようです。

①標準的期待耐用年数(試案)②リフォーム周期実態①②の平均値
台所20〜30年16〜32年26年
浴室設備20〜30年22〜33年27.2年
洗面化粧台20〜30年18〜32年25.9年
トイレ20〜30年15〜31年23.6年
給排水設備30〜40年19〜33年27年
給湯設備10〜20年14〜27年21.9年
電気設備30〜40年16〜34年26.6年

【仕上材】標準的期待耐用年数(試案)とリフォーム周期実態の比較と平均値

以上、建物の部位別のリフォーム目安時期の「住宅メーカー等の推奨交換周期・リフォーム会社へのヒアリングに基づく期待耐用年数試案」と「過去に住宅のリフォームを行った人を対象とするWebア ンケートに基づく実態調査」を元にした参考データのご紹介でした。